テーマ:裁判

裁判手続きその後(ラスト)

 すでに裁判所へ直接向かう手続きは終わっていましたが、書類的な確認などもありましたので一応ここで最後の報告がてら。ちなみに、実際に振り込まれるのは予定期日よりもけっこう早くやってくれる模様。個人間ではあんなにぐずっていたのに、ちょっと裁判所を挟んだだけでも、その威力は偉大であると痛感。  とりあえずアイ○ルの判決文と残りの切手返還…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めんどくさい訴訟費用計算

 第2回口頭弁論、新生フィナンシャル株式会社との最後の裁判は1分で終わった。あらかじめ送達されていた上申書の和解案72000円に合意していたので、その紙切れ一枚を提出すれば「和解に代わる決定」として結審する。ここまで長かったような、呆気なかったような。どうでもいいけど、四月に入って移動があったのか、担当裁判官の顔ぶれは代わっていて、申し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイク和解と返還切手など

 まずは新生ファイン○ャル(旧ほのぼのレ○ク)  同企業を相手取り、過払い金訴訟をして早2ヶ月。まず最初、訴状提出後の和解案でほぼ満額66000円ということだったので、これで終わろうかと思っていた。。。ところまで報告したのですが、前回ア○フルでの訴訟費用請求に端を発して、つい味を占めた初心者卒業のボクはといえば、第一回口頭弁論にてさっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ、裁判(アイフル判決)

 長かったアイフル相手の過払い金訴訟も、ようやく終わりが見えてきました。  裁判所に行けば「判決」はわかりますが、そこまで気にするまでもない。  勝ち戦ですからね、急ぐ必要もない。   後日しっかり郵便で送られてきます。    特別配達で到着した裁判所からのラストオーダー↓         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ、裁判⑥

 先日、さっそくレイク(新生ファインシャル)からの返答が届きました。        対応は、まあ比較的早いほうでしょうね。   (特にアイフルなんかと違って)          最初の答弁書をみるかぎり、「原告の請求を棄却する」とか・・・   一見すると全面対決かな?と身構えたのですが。        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ、裁判⑤

先日、裁判所から電話が掛かってきた。 要約するとその内容は「再計算してほしい」とのこと。 利息計算や過払利息残高などの不備を指摘され、訂正するので来てほしいと。 「え? また行くんですか?捨印でなんとかならないんですか?」 その日はまだアイフルに対する不当利得返還請求事件の判決を三週間後に控えていました。それまで極力無駄な交通費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ、裁判④

 第2回口頭弁論、アイフル編。  朝、寝坊してギリギリ法廷へ。  時間的には焦りましたがさすがにもう慣れたもので、迷うことなく傍聴席にすべりこむことができました。この日はめずらしく人数少なめ、ボクを入れて3人。しかもみんな相手はアイフルというミラクル(なぜ判ったかは後述) それにしても運が良かったのか悪かったのか、最初に裁判していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治験(続編)

 前回の治験(スクリーニング)の結果が届いた。  試験名「サプリメントの摂取における血糖値抑制作用の検証」うーん、良かったんだか悪かったんだか。いま考えてみると微妙。血圧・脈拍・空腹時血糖値などの項目をとりあえず満たしたためだけど。とりあえず「待機組」という扱いのようだ。「とりあえず来てくれ」みたいな。要するに、当日被験者の誰かが休ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ、裁判③

第一回口頭弁論の当日、朝。 とりあえず、持って行くものは…… これは、請求金額の変更願いです。 アイフルからの難癖に答えようと再計算してみたら、 確かに、どうやら大幅に「間違っていた」ようなので。 あのとき、和解交渉しておけば、良かったモノを。 完全に墓穴のようですが、そんなこと知った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ、裁判②

先日、アイフルから答弁書が届いた。 さっそく、中身をのぞいてみると…… え?  は? まさかの、逆ギレ。 答弁書の分厚い中身は割愛します。 簡単にいえば、 訴状を提出する前に電話したときは「みなし弁済」の一点張りだったのに、 今度は「時効」ということらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ、裁判①

とりあえず、バイトがなくなり貯蓄を増やすため。 いますぐにできることを! てことで、 まずは過払い金請求でしょ? 借金地獄の大逆襲です…… ちなみに過払い金とは、 利息制限法などによって、グレーゾーンとされていた金利の超過分。現在でこそ20%ぐらいで落ち着いているが、当時は30%でも合法だったのがサラ金業者だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more