コンビニで買うメリット

 コンビニといえば24時間やってて便利な反面、ほとんどの商品が定価で売ってるので高いイメージがありますし、スーパーとかディスカウントストアのほうが割引率が高いのは紛れもない事実でしょう。しかし、そんな中でもコンビニで買ったほうがお得な商品もあったりします

 

 第三位「宅配便、雑誌/新聞」を買う
  
 一般的な商品、弁当や菓子とかドリンクなどもクレカポイントとの二重取りはできますが、大型スーパーの値引き率には敵いません。その一方で「どこに行っても価格の変わらない商品」という意味では宅急便、雑誌/新聞だけは例外として貴重なポイント対象商品です。例えばローソンは楽天Edyでの宅配便も加算OK!これなら事前にクレジットカード(1.2%)でチャージしておき、Pontaカード(1.0%)を提示してから楽天Edy(0.5%)で支払えばポイント還元率は合算2.7%になります



 第二位「公共料金」を支払う

 セブンの電子マネー「nanaco」なら公共料金の決済も対応しています。さすがにポイントの二重取りはできませんが、しかし国保や税金などを払うのにチャージ時のクレカポイントが貯まるのは支払額が高額なだけに魅力的です。ちなみにYahoo!のクレカ決済でもポイントは貯まりますけど、1万円以上は手数料を取られるのでマイナスポイントです


 第一位「たばこ」を買う

 どこのコンビニでも意外と電子マネー決済できる商品なのですが、チャージ時のクレカポイントを貯める以外にもメリットはたくさん、例えば10個入りの「カートン買い」をすればライターなどの景品が貰えたり、コンビニ各社が定期的にやっているキャンペーンの700円くじ対象商品でもあるので、他の商品と同じように700円ごとに買った分だけくじが引けるのは最大のメリットかもしれません
画像

画像

 まあふだん絶対買わないような賞品が圧倒的に多いですが、それが逆に新鮮だったり新たな発見ができたりするので年に何回かやってみるのも一興かもしれません


 

 キャンペーンがやってない平常時では・・・

 金券ショップの優待券を買う方法もあります
 
 ポプラ株主優待券500円分(販売価格480円)
画像

 これが2枚1000円だからお得差40円、クレジットカードのように還元率に換算すると4%になる。公共料金や切手など使えないのもあるが「タバコ」には使える。セブンやファミマなど大手コンビニでは株主優待券はないし、ドンキやヨーカドーなどで使えるJCBギフトカードと比べても還元率は高いので、とりあえず各社のキャンペーンを除いて通年のタバコ購入に関してはポプラ一択かも

 注意事項

 ポプラの買物優待券はお釣りが出ません
画像

画像

 500円×24枚一度に使っておつりがゼロ円になれば関係なくなりますが、一枚使う場合は「うまい棒10円×2本」などを買って微調整する必要があります。



 さらに

 タバコをお得に買うなら・・・


 NEWDAYSでSuicaを利用すれば

 タバコでも還元率0.5%付与される「JREポイント」に加えて
画像

 ビューカード系のなら、クレジットのSuicaチャージでポイントが3倍貯まるのでタバコ代金×1.5%お得になる
画像

 ちなみにNewDays限定の登録したSuicaで「ポイント金曜5倍」は2019年3月をもって終了しましたが、現在でも不定期でポイントアップのキャンペーンが開催されているのでタイミングが合えば1.5%以上の二重取りが期待できます



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック