財布を失くしたとき

画像

 JCB紛失盗難受付デスク
 0120-794-082(受付24時間)携帯電話からも利用可


 三井住友カード(VISA)の場合
画像

 紛失・盗難受付デスク
 0120-919-456(受付24時間)携帯電話からも利用可


 ゆうちょ銀行の場合
画像

 カード紛失センター0120-794-889(ナクシ ハヤク)
 あるいはお近くのゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口に連絡を


 神奈川県JAバンクの場合
画像

 0120-50-9674(これで苦労なし)
 ATM稼働時間内は、コーナーに設置のオートホンも利用可


 nanacoカード・nanacoモバイルの紛失・盗難時
画像

 (ナビダイヤル) 0570-071-555 または 0422-71-2266
 所定の再発行手続きを行っていただくと、新しいnanacoに電子マネー・ポイント残高を引き継げます


 Suicaカードの場合
画像

 「Suica定期券」「My Suica(記名式)」を紛失された場合は、Suica・PASMOエリア内の主な駅やバス営業所へお申し出ください 


 モバイルSuicaの場合
画像

 携帯情報端末の紛失または故障に気づいたら、パソコンのモバイルSuica「会員メニュー」で、「再発行登録(クレジットカードをご登録のお客さま)」を選択し、再発行登録をー


 Tカードを紛失したので利用を止めたい
画像

 「Tカード番号検索」画面にてTカード登録情報を入力、「Tカード番号選択」画面にて、手元にないTカード番号にチェックを入れ、「ご本人様確認」画面に表示されている電話番号からTカード停止認証ダイヤルへ、音声ガイダンスにてアナウンスを確認後「停止する」を押してください


 ※詳しくは各社の公式HPをご参照ください


 
 
 優先順位としては・・・
 
 クレジットカードには紛失盗難の保険が付いています。もしもカードが不正使用されても、お届けいただいた日から60日前にさかのぼり、不正使用された金額を保障されるとか。なので勝手に使われるリスクの高い順位としてはnanacoやSuicaなどの個人情報が入っている記名式の電子マネーですね。その次にキャッシュカード(残高の多い順)そしてTカードなどの各種ポイントカードで利用停止ができるものは手続きをー


 追記

 ここで言う優先順位とは、あくまで一分一秒を争う単位での話です。保険があるとはいえ、クレジットカードも悪用されたら面倒臭いので早めに停止処理をしましょう


 そのほか

 家財保険(東京海上ミレア少額短期)
画像

 事故受付センター0120-811-333
 (受付24時間×365日、営業時間は平日9:30~17:00)

 自分の加入している保険会社があれば、万一に備えて連絡先をまとめて控えておくといいかもしれません。携帯電話がつながるフリーダイヤルかどうかの確認もお忘れなく




 また、直接お金とは関係ないですが、免許証を持ってる人は警察への遺失届とか、運転免許センターで再交付の手続きもお忘れなく。住基カードの場合は市役所のほうで利用一時停止の手続きをするんですけど、カードの再交付は平成27年12月28日をもって終了しているそうです。免許証の代わりに身分証として使っていた人はマイナンバーカードを利用しましょう




 ~主な発行手数料~

 nanaco 300円
 ponta  無料
 Tカード 店舗所定の費用
 Suica  1010円(デポジット500円+再発行手数料510円)
 PASMO 1010円(デポジット500円+再発行手数料510円)
 クレジットカード  会社によって異なる
 マイナンバーカード 1000円
 キャッシュカード  1050円(ゆうちょ銀行は1030円) 
 運転免許証     3500円

 やはり免許証がダントツ高いですね。私のように自主返納した運転経歴証明書の場合は1100円ぐらい(都道府県によって異なる)ようです。まあ一番の節約は失くさないことに変わりはありません。財布に入れるのは必要最低限に留め、なるべく使わないカード類は持ち歩かないようにしましょう。それとクレジットカードの署名欄には必ず「名前」を書いておくことも忘れてはいけません。書いてないと保険がおりないこともあるので気を付けてください


 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック