初めての失業保険④実績づくり

 認定日から次の認定日前日までの約4週間
画像

 最低2回は「求職活動をしたという実績」がないと失業給付金は受け取ることができません。雇用保険法22条第2項に規定する障害者等を除くなど色々例外はあるようですが、原則的には必要(給付制限が付いてるときは最低3回以上)
画像

 ちなみにハローワークや新聞、インターネット等で求人情報を閲覧した、知人への紹介依頼等は求職活動実績には含みません


 求職活動実績にはどんなものがあるの?
画像

 ・求人への応募
 ・許可・届け出のある民間企業が行う職業相談、職業紹介など
 ・公的機関が行う各種講習・セミナー、個別相談ができる企業説明会の受講、参加など
 ・再就職に資する各種国家試験、検定の資格試験の受験など

 ちなみに一番お得なのは・・・
画像

 求人に応募した場合1回でOK!
画像

 つまり手っ取り早く済ませたければ、適当な求人会社に履歴書を送ればいいわけですが、ハローワーク紹介の求人以外でも、例えば求人サイトの応募フォームから申し込んでもいい。インターネット上からボタンひとつで応募すれば電話代や郵送料もかからないのでお得かもしれません





 さておき、今回私の場合
 
 給付期間が90日だと認定日が4回あると想定されます。つまり4週間に実績2回が4ターンなので合計8回分の実績は必要になるわけですが、厳密にいえば初回の認定日までは4週間もないので最初の説明会に参加すれば2回分としてカウントされますので、自分でやるのは事実上6回ぐらいになるでしょうか。さらに実績づくりの節約方法を挙げるとすれば

 認定を受けるとき「職業相談」も済ませる
画像

 というのがあります。要するに認定日にハローワークで手続きを済ませたついでに「職業相談したい」と申し込めばその場でやってくれるので、しかも5分くらい一瞬で終わるので残りの4週間であと1回を残すだけとなるわけです

 
 
 
 








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック