ささやかな贈り物byサンタ

 クリスマスにはまだ早いけど、我が家にもサンタクロースがやってきた
 
画像

 とある友人からの宅急便
 たまに会うたびに「要らない服あったらちょうだい」と言っては帰りにその「お土産」を貰っていたのですが、さすがに手で持っていくには大変ということで・・・

 
 先日、以前長野に行ったときの友人S氏から宅急便が届いた。ダンボール120サイズで郵送料だけでも1,370円ぐらい掛かるのに、ものすごくありがたかった(涙)

 いざご開帳~ということで↓
 
画像

 まさか「ダウンジャケット」まで入っているとは予想外、その他もいろいろ・・・まだタグが付いてる服まであってブックオフの古着よりも豪華だったというわけです。いやいや、本当に助かるる(笑) 
 
画像


 
画像


 (ここで改めて)
 友人から服をもらうメリットを挙げてみる

 ①金銭的に助かる
 もちろん、これがナンバーワンだろうか。どうせ捨てるものと思えばタダでもらっても罪悪感は湧かないし、タダより高いものはないという名言はまやかしである。郵便ポストに現金100万円が入っているほうがよっぽどハードルが高い・・・

 ②中古ショップより顔が見える
 不特定多数の中古品で安く手に入れるのもアリだけど、誰が使ったか分からないものよりは安心感が増すんじゃないだろうか。昨今では安心安全の観点から食料品や食材の生産地を明確にしたり、生産者の顔写真入りで販売しているものもあるが、衣類はまだそれがない(あっても逆に怖い)

 ③エコ
 要らないモノをまとめて捨てるのは簡単だけど、再利用という観点では地球に優しいリユースといえる。雑巾になるまで使ってあげれば衣類も喜んでいることだろう

 ④自分で店に行っていちいち選ばなくていいお手軽さ
  これは個人的な意見かな・・・ファッションに頓着がないボクのようなどうでもいい人間にとっては、同じような趣味というか同身長の友人がいれば明らかにマト外れなチョイスはないと思うんだ(汗)

 ⑤宅急便で送ってもらえば住所わかる
 引越しを繰り返す友人の場合、現住所がどこなのか知っておく良い機会になる。電話やメールで本人に直接聞いてもいいけど、例えば誕生日のサプライズとか年賀状をちょっと出したいとき、伝票に書いてある送り主の住所欄は重宝するかも?

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

およよ
2011年12月15日 23:51
素晴らしい御友人ですね!今の時代なかなか、いないと思いますよー。そうゆう素晴らしい友人が付くとゆうことは、ありまさんの人間性も素晴らしいからだと思います。
ありま
2011年12月16日 04:53
>およよ氏
 人間性をお褒めいただき光栄に存じまする(笑)とはいえ小学校時代からの友人なのでボクのことを思ってというより、これは純粋に要らないモノだからやるよ的なお金持ちさん発想だったりしますが

この記事へのトラックバック